暗記のコツは?効率的な暗記方法とは?

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

皆さん、今日も笑顔ですか? ガウテスBlogです。

皆さんは挑戦するときって「何か」をまず覚えようと
必死に取り組みますよね?

新たに挑戦する(スキルアップする)時って、「覚える」ってことしますよね。

効率的に覚える方法がないか。
効果的な方法はないか。
自分に合った苦労の少ない覚え方はないか。

そんなことをまとめました。

動作編
  • 動きながら覚える。(歩く、踊るなど)
  • 声に出して覚える。
  • 紙に書いて覚える。
  • 暗記アプリを使う。
  • 長時間繰り返して覚える。

動きながら覚える。(歩く、踊るなど)

学生の頃、勉強といえば机に向かって椅子に座り
ひたすら勉強(暗記)していたと思います。
それって効率が悪いそうです。

歩きながら、身体を動かしながらというのは、
筋肉も動いて伝達しやすく、動きとの連動で覚えやすくなります。
動きながらだと血行もよくなり、脳に新鮮な酸素も届きますしね。

声に出して覚える。

黙読って覚えれますか?覚えにくいと思います。
上記にもあるように体の動いている部分が多いと
覚えやすいので「口を動かす」といったところでしょうか。

あとは、インプットとアウトプットの小さなループもあります。
目で見た情報を脳に伝え、
口から発する言葉へ変換し、
自分の発した声を自分の耳へ伝え、
その声の内容を聞いて理解する。

自分の脳の理解力、視覚、聴覚を使い、
その間を伝達(ネットワーク)を行っています。
覚えること以外の能力も使っているので連動作用で覚えやすくなります。

紙に書いて覚える

紙に書くことも体を使う事の一つですね。
手を動かす。
手を動かすための指令を脳が発信する。
それを見て間違っていないか確認する。
このループなので手の動作で連動して覚えやすくなります。

暗記アプリを使う

単語帳アプリ」形式が多いですね。
問題を見て、考えて、隠されている答えと答え合わせをする。
考える力、思い出す力、解く力。
「インプットとアウトプット」しやすい体作りができますね。

長時間繰り返して覚える。

繰り返し行うことは何にもまして最強です。
繰り返し行うことで薄っすら映る絵が色濃く記憶に残ってくる感じです。

長時間することには賛否もありますが、
記憶は瞬間的に覚えることができる内容、そうでない内容とあります。
中々覚えることができない内容は、脳への定着が難しい事なのです。
だから繰り返し行うのです。
今回の「効率的」と考えると、なかなか定着しない内容は
「後回しにする」といった選択肢も必要です。

繰り返し行う事への副産物は、
長時間覚えることに耐えうる体作りができること。
いわば、マラソンランナーのような脳(記憶力)を作ることができることです。
疲れない脳が記憶力をアップします。

テクニック編
  • 語呂合わせで覚える。
  • 関連させてまとめて覚える。
  • 人に教えるイメージで覚える。
  • 暗記の途中で別の作業を挟む。
  • ノートに書き込み「絵」として覚える。

語呂合わせで覚える。

語呂合わせも昔からよく使われている手法ですね。

歴史では年号を覚えるのに「鳴くよ(794)、ウグイス、平安京
化学では、元素記号を覚えるのに「水兵りーべい僕の船
数学では、平方根で「一夜一夜に人見ごろ
知らない人は調べてみてください。

これは定番かも。ネットで調べると語呂合わせのサイトは多くあります。
覚えにくい時は調べると運命の出会いがあるかも。

関連させてまとめて覚える。

関連キーワードで覚えることも覚えやすいです。
関連で覚えやすいうえに、その分多く覚えることになります。
色々紐づけることで相関図のようにすると
パズルのピースのようになり、
別の角度から思い出すこともできますしね。

人に教えるイメージで覚える。

こちらもよく賢い芸能人もやっていたようですが、
テーマについて教えるようにアウトプットすることで
詰まった箇所やあいまいな表現になったところは
記憶が薄いといった自己確認ができます。

また、仕事など相手のいる状況を想像して
その相手に対応するシュミレーションで覚えることも効果的。
新入社員の時は、『名刺交換』を教えてもらって
あとで練習するあの感じです。

シュミレーション(想像する)ことは、とても効果的です。
俯瞰的に覚えているかのチェックもできますので。

暗記の途中で別の作業を挟む。

覚える作業をして、煮詰まったら別の作業を挟む。
「一旦頭をリセットする」といったところでしょうか。
これは向き不向きもあると思いますが、
スポーツのトレーニングでいうところの「インターバル」の様な
持久力を上げることに似ています。

覚えないといけないといった切羽詰まった状況では、
覚える事が容易いことも難しくなってしまいます。
自分にプレッシャーをかけては、負担が大きすぎます。
「リラックスさせる」といった意味でも、
効果的ではないでしょうか。

ノートに書き込み「絵」として覚える。

得意不得意あると思いますが、
文字を文字として認識するのではなく、
「絵」としてインプットするという方法も効果的です。

きれいなノートを作ることが好きな人は、
紙もしくはPC画面に覚えたいことを書き込み
それをじっと絵としてみて覚える。

いま目をつぶってみてください。
いつも通っている学校、会社、スーパーマーケットなど
道中を想像してみてください。
意外と細かなところ覚えていたりしていませんか?
それは覚えようとして一つ一つ記憶していたはずではありませんよね?
絵として認識する能力も皆さんにはあるのです。
これを使う手はありません!
この方法もおすすめです。

まとめ

記憶することと暗記すること(覚える事)は違いますが、
細かく区分する必要もないと思います。

覚え方にルールはありません。
覚えたものが勝者です。
そのためにはどのような手を使っても構わないのです。

科学が発達し、より効率的な覚え方も発見されています。
時間帯や食べ物やなどのテクニカルな内容もあります。

しかし身に着ける、習慣付けることで精一杯になります。

昔から続いている方法は続いているなりの理由があると思います。
昔ながらの方法が良いから使われ続けているのです。

ベタな暗記方法ですが、シンプルこそ最大の効果が出せるのです。

多くのことを覚えて、ステップアップした明日の自分になりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました