リモート飲み会 「7個のメリット」と「7個のデメリット」

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

皆さん、今日も笑顔ですか? ガウテスBlogです。

ガウテス
ガウテス

皆さんはリモート飲み会やったことありますか?

コロナ騒ぎで世の中自粛自粛と言われ、
2020年4月7日に発令された緊急事態宣言の期間中で
飲食店での酒類が19時までとなり
「飲み会」がほぼできなくなりましたね。

5月25日に緊急事態解除宣言になり、
まだまだ自粛モードもあるため完全ではないですが
居酒屋など酒類を提供する飲食店は
徐々に営業時間を戻してきました。

しかしやっぱりまだ行きにくい。

自粛中も行けなかった。

なので「リモート飲み会」がブームになりました。

以前からリモート飲み会はありましたが、
コロナの影響でさらに広まったようです。

そんな「リモート飲み会」とは?
メリットとデメリットは?を紹介したいと思います。

まずリモート飲み会とは?
自宅からもしくは好きな場所からPC、スマホ、タブレットを使って
オンラインのビデオチャットを使って飲み会をすることです。
通信回線が必要になりますので、
自宅のWi-Fiを使ってするのが一般的でしょう。
全員がそれぞれの自宅から参加するため、食事の共有はできませんが、
自分の好きな食べ物や自分の好きな飲み物で参加しますので
雰囲気はいつもの飲み会と大して変わりません。
おすすめのツールは?
Zoom
最近の流行りはやっぱりZoomでしょうか。
主催者がアカウントを持っていれば、スケジュールを設定後
参加者に招待メールを配信し、
参加者はアカウントを作らなくても参加できるので
面倒ではないです。
※参加者は初めにダウンロードする必要があります。
100人まで無料参加ができるのでグループが多い人には
いいですよね。しかし無料アカウントの場合、
40分までしかグループミーティングできないですが。
LINE
スマホやタブレットのアプリを持っている人も
多いのではないでしょうか。
みんなが持ってるし、手軽ですし
少人数の仲のいいグループ内ではちょうどではないでしょうか。
ライングループを作ってビデオ通話にするだけ。
操作がとても簡単です。
Skype
アカウントを作らないといけないですが、
世界中で使っている人が多いSkype。
PC、スマホ、タブレット、どれでも使える万能ツールです。
時間が無制限で使えることが最大のメリットです。
海外の友達がいるのであれば、こちらのほうが便利かも。
リモート飲み会のメリット 7つ

リモート飲み会のメリットはいろいろあります。

1.お店の予約をしなくていい。
お店に行くとなると、席確保のために予約をしないと
いけないケースもあります。
しかし、自宅からの参加となるので、みんなの時間さえ合えば
予約する手間はなくなります。
2.安上がりで済む。好きなもので参加できる。
基本自宅からの参加となりますが、
自分の好きな飲み物や食べ物でいいので
自分の分だけの費用でいいわけです。
大食漢の人や、大酒飲みはこれに当てはまりませんが、
「割り勘で損する小食でお酒に弱い人」にとっては、
平等を味わえることでしょう。
3.終電を気にしなくていい。
飲み会をすると終電時間が気になりますよね。
自宅で飲むので終電は気にしなくて全然いいのです。
4.服装やスタイルを気にしなくていい。
外で飲むとなると、それなりの身だしなみはマナーです。
女性は特にヘアスタイル、化粧、などの身だしなみは
手を抜くなんて気が引けますよね。
でも自宅参加で、自分の知り合いだけしか見ないので、
「部屋着」であっても、少々手抜きの化粧でも
全く気にせず、ほんとのリラックス飲み会ができます。
5.1人飲みの寂しさを解消できる。
1人飲みは昔からありました。

1人暮らしの方や、
家で飲める人がいない1人飲みが当たり前の方には
このリモート飲み会で仲間と飲むことができます。
1人飲みから脱出できます。

6.遠方の中々会えない人と飲み会ができる。
地元が自宅から遠く中々会えない同級生など
時間が合えばリモートでの飲み会が可能です。
また、海外の友達と飲み会といったことも容易くできます。
7.眠たくなってもそこは自宅。
お酒を飲むと眠たくなる人、
飲みすぎて寝てしまう人、
酔っぱらって記憶をなくし知らない間に家に着いてる人。
どんな人でも帰宅を気にすることなく飲み会ができます。
眠たくなって寝ても、もう自宅なのですから。
リモート飲み会のデメリット 7つ

物事いい事ばかりではありません。嫌なこともあります。

1.回線が遅くなり固まる奴が出てくる。
盛り上がっている最中、
回線が不安定になり画面が止まってしまう、
画面や音声がカクカクする奴が出てきて
場の雰囲気がシラけてしまうことがあります。
2.1人違う行動をする一体感を崩す奴がいる。
酔っぱらってきて、自宅なのをいいことに
漫画を読む奴が出てきたり、
急にギター弾き出して歌いだしたり、
自由なことをする奴が出てきたりします。
場の雰囲気がシラけてしまいます。
3.中々終わらず朝方まで続くことがある。
メリットにあった「終電を気にしなくていい」といった事の
デメリットです。
要するに「飲み会の時間は無制限」になるのです。
「終電があるから」と言って帰る理由が
取り上げられた状態です。
下手すると明け方までといった事もあり得ます。
その時は回線を切りましょう。
4.フェードアウトする奴が出てくる。
トイレといったまま帰ってこない、
お酒無くなったから買いに行ってくる・・・などなど。
そのままフェードアウトしていなくなる人が出てきます。
飲み会の終わりが、そんなことで終了することもあります。
5.みんなで一つの話題で話すことになる。
3人以上のリモート飲み会に限りますが、
同じ画面で話をするため、「1対1」の話ができません。
したとしてもほかの参加者にも聞こえています。
なので「一つの話題でみんなと話す」といった事になりますし、
1対1で盛り上がったら、ほかの人はシラけてしまいます。
これはリモート飲み会の最大の弱点です。
6.自宅なので飲みすぎてしまう。
自宅で飲むため帰宅の心配はなく
酔う事への自制心がまったくなくなります。
外飲みより量が増えてしまう可能性が高まります。
7.掃除や片付けをしなくてはならない。
お店であれば、スタッフが食べ物や飲み物を
持ってきてくれますし、作ってくれますし、
片付けまでしてくれます。
自宅なので自分が消費したものの後片付けを
自分でしなくてはなりません。
ゴミもたまればゴミ捨てもしなければなりません。
家族にさせてしまえば、ヒンシュクを買う事でしょう。
子供のいるお父さんであれば、
「汚したら自分できれいに片付ける」といった
教育上、自分でしなければならない事が発生します。
最後に
リモート飲み会はこの自粛の時期には、
寂しさを回避させてくれるものです。
自粛解除となれば居酒屋などの飲食店に行けますが、
解除後でも遠方の人、時間的に厳しい人など問題解消でき、
ライフスタイルの選択肢が一つ増えたと思います。
  • 好きな食べ物
  • 好きな飲み物
  • PCまたはスマホ
  • ネット環境
  • 仲間

これさえあればいつでもできる
「手軽さ」がウケて広まったので、
やったことない人は是非やってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました