エスカレーターの秘密

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

皆さん、今日も笑顔ですか? ガウテスBlogです。

ガウテス
ガウテス

エスカレーター私好きなんです。

唐突かもわかりませんが、
エスカレーターって見るの飽きないし、
乗っても快適だし、
みんな好きだと思ってるのですが、いかがでしょうか。

 

今日はエスカレーターの事をまとめてみようと思います。

エスカレーターの歴史
エスカレーターってそういった英語が昔からあって
単語だと思っていたら、違うんです。
アメリカの企業オーチス・エレベーター社の登録商標で、商品名だそう。
「エレクトーン」とか「宅急便」とかみたいな商品名なのです。
でも違うのが、そういった機械は「エレベーター」って使っていいよと
商標権を放棄している所。
一番古いエレベーターは1900年ごろからあり、
日本では1914年に東京日本橋にあるの三越百貨店(三越呉服店)が
最初の様です。大正3年の話です。
エスカレーターの片側空けの謎
1967年阪急電鉄の梅田駅、エスカレーターが長くなったので、
急ぐ人のために「片側空け」を呼び掛けたのが最初だそう。
さらに1970年に開催した大阪万博の「動く歩道」にも、
国際化に対応しようと世界のマナーを調査したところ
右側に立ち左を空けるところが多く、
大阪万博で呼びかけたのが広まったとのこと。
つまり、日本では大阪が「発祥の地」だったのだ。
やがて、「片側空け」が全国に本格的に普及した。
特に東京では地下深い地下鉄駅の建設ラッシュで
長距離のエスカレーターが増えたため、
「片側空け」が徐々に普及するようになった。
自然発生的に片側空けが始まった1989(昭和64、平成元)年頃、
ロンドン方式が新聞によって広まり、
ロンドン方式=左立ち、右空けが広まった。
右立ちと左立ちの境目は何県?
右立ちは大阪、左立ちは東京ですが、
どこから左右切り替わるのでしょうか。
これは、自分で見た経験則でいうと、
京都駅は関西圏なのですが、ここは東京と同じ左立ち。
すごく違和感ありました。
大阪よりでは高槻当たりくらいから右立ちになっていました。
誰か調べてる人もいるでしょうね。
もしかすると、京都から大阪までの電車が
JR、阪急電鉄、京阪電鉄、近鉄(奈良経由になりますが)と
4つの電鉄会社があるので路線によって違うかもしれませんね。
珍しいエレベーター
スパイラルエスカレーター
三菱電機が製造している曲線になっているエレベーター。
日本に36台しかないといわれています。
横浜ランドマークプラザにあります。
大阪ではインテックス大阪にあります。
福井県立恐竜博物館
デザイン的に国内で一番ではないかと思う
エスカレーターがここにあります。
レオマワールド(香川県)
日本で最長のエスカレーターです。
96mもあり、乗ってる時間は動かなければ
3分以上だそうです。
川崎モアーズ内エスカレーター
日本で最短です。
ギネスにも載ってるそうです。
高さは1mもなくたったの5段だけ。
いりますかね?
エレベーターっていくらするのか?
中々見つからなかったのですが、
基本形はあるもののカスタマイズのようなものみたいですね。
大体20ステップ位の長さで一本約2,500万円ほどだそう。
昔聞いた話で、家屋の二階分(高さ約6m級)で
一億円すると聞いたことがあります。
長くなればなる分、モーターを取り付ける数が増えるのだそうです。
この業界や、関係したことのある方ぜひ情報下さい。
最後に
エスカレーターの値段を聞くとやっぱり事業主からすると
大きな投資とも言えるくらい高いものなので、
エスカレーターのある所は、奮発しているのですね。
電気代もかかるし。
でもこんな便利なものがあるこの発明に
日頃見慣れているだけにはっと気づかされます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました