【超初心者】キャンプガイド 何をそろえればいいの?

スポンサーリンク
アウトドア
スポンサーリンク

皆さん、今日も笑顔ですか? ガウテスBlogです。

ガウテス
ガウテス

皆さんはキャンプに興味ありますか?

空前のキャンプブームですね。

現実とは違う空間で過ごすことや、
自然と一体になる環境での生活に対しての
興味が高まってきたのでしょう。

普段の生活とは異なる環境での暮らしとなるわけですから
それなりの「アイテム」、「グッズ」が必要です。

アウトドアに必要な「アイテム」や「グッズ」を
「キャンプギア」と呼んでいます。
なんか無骨感あって言いたくなりますよね。

今日はキャンプデビューを考えている人や初心者に
おすすめの「キャンプギア」の選び方を解説!

まずは何を揃えばいいのか?どれを選んだらいいのか?など
悩んでいる初心者必見です。

【キャンプギア】何を揃えればいいの?
アシスタント
アシスタント

まず何からそろえればいいのか・・・。

ガウテス
ガウテス

キャンプの顔となるものからそろえよう!

テント

テントといえば、キャンプの顔ですよね。

テントと言っても形状は様々あります。

大きさは1~2人用から大人数用まで。価格帯も幅広くあります。

1~2名用おすすめ

コールマン(Coleman) テント ツーリングドームST 1~2人用

バイクツーリング用として、
ツーリングライダーやまたソロキャンプ用として
多くのキャンパーから支持されているテント。

とにかくコスパが高いとの評判の高いテントです。

4~5人用おすすめ

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム
スノーピークの入門モデルとして
不動の人気を誇るテント・アメニティドームシリーズ。
高品質と耐久性の高さには定評ありますが、
何といっても組み立ての簡単さ。

使っている材質が細部に至るまでこだわっているため
組み立てもしっかりとし、手軽さが人気。

寝袋(シュラフ)
アシスタント
アシスタント

テントを準備したら次は何をそろえればいいの?

ガウテス
ガウテス

「城」を手に入れたら「寝床」充実させよう。

寝床といえば、ベッドが快適ですが、
キャンプなので持っていけません。(できなくはないのですが)

しかし、キャンプする時期や場所によっては、
昼夜の寒暖差の激しいところもあります。
家のように、適温に保つことのできない
「自然の中」で寝ることになりますので、準備は必要です。
モンベル アルパイン ダウンハガー800 シリーズ
モンベル(mont-bell)といえば、
登山やキャンプなどのアウトドに特化した
日本アウトドア界のトップブランドです。
過酷な地でも対応できる先人たちの英知の結集された
製品が多く揃っています。
モンベルでアウトドアグッズをそろえている方も
いらっしゃいます。

また注意点として、
寝袋(シュラフ)には、「温度帯」がそれぞれ設定されてます。
行く場所によって「快適温度」に合わせて購入の必要があります。
快適温度が高い寝袋(シュラフ)を持って、極寒地に行っては
夜寒くて眠れません。購入時にはよくチェックしましょう。

コールマン(Coleman) 寝袋 ファミリー2in1
モンベルの寝袋(シュラフ)は1人ずつ寝るタイプですが、
コールマンのこの寝袋であれば二人で寝ることが可能です。

親子で寝たりはもちろん、一人で大きく寝ることも可能です。

寝袋(シェラフ)と同時購入がおすすめなもの
寝袋(シェラフ)だけでは床にじかに寝ることになります。
少し寝る環境としては快適にしたいものです。
ゆっくり寝れなかったり、地面の冷たさで寒い思いして
熟睡できなかったりは避けたいものです。
寝袋(シェラフ)と合わせて購入しておきたいグッズです。
Soomloom 寝袋用マット
コンパクトにまとめられ、軽く、
銀色のアルミが体の熱の放熱を守り、
凸凹によるクッション性も高いため地面の硬さが気になりません。

寝るとき以外でも、床に座る際のレジャーシートとしても
使えるので万能です。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット
広げると自然と空気が入りマットに早変わり。
クッション性は抜群。

キャンプだけでなく車中泊や家でも使える
場所を問わないマットです。
持ち運びや、収納もコンパクトになりますので
一家に一台でもいいかもです。

テーブル
アシスタント
アシスタント

これで寝る所と住む準備はできましたね。

ガウテス
ガウテス

今度はくつろぐ場所を作らないとね

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル
ソロキャンプといえばこれを持っている人が多いのではないでしょうか。
折り畳みでコンパクトになるし、
キャンプを始める人が真っ先に買っているイメージです。

価格も安くコスパが高いです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル(コンパクト) M-3713
Coleman(コールマン) フォールディングリビングテーブル120
複数人のグループであればこれがおすすめ。
このテーブルのいいところは、高さ調節ができる事
41㎝~70㎝まで変えることができるので、
どの椅子の高さであっても調節可能なところが万能です。
少々重いですが、耐荷重は30Kg なので
食卓を豪華に並べることが可能です。
チェアー
アシスタント
アシスタント

テーブルがあれば後はチェアーですね。

ガウテス
ガウテス

チェアーは重要だね。

チェアーはいろいろあります。
体の大きさによって、フィット感は人それぞれです。
実際に販売店に行って座って試してみるというのが一番です。
私のお勧めはこの2つです。
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアチェア ジュール

 

色々手軽にコンパクトに収納できる椅子はありますが、
このチェアーは背中の高いところまで背もたれがあるので
おすすめです。
あと肘置きがあるのもGoodポイントですが、
ドリンクホルダーがあるのもGoodです。
このチェアーも人気がある一つです。
価格も安いのでコスパは最高です。
コールマン(Coleman) チェア ツーウェイキャプテンチェア
やっぱりこれですね。
しっかりとしたつくりもですが、上記で紹介したテーブルとともに
高さ調整が2段階ですが可能です。
ファミリーキャンプとなったときに、
大人と子供の高さって違いますよね。
くつろぐ高さは十人十色です。
食事中は高く設定し、食後のリラックス時はローチェアーで。
そんな楽しみ方ができます。
コールマン アウトドアチェア2点セット ツーウェイキャプテンチェア グリーン 2000031281 Coleman
ガスコンロ・バーナー
アシスタント
アシスタント

あとは食事の準備がいりますね。

ガウテス
ガウテス

そのためのキャンプ目的もあるからね。

キャンプに行くとバーベキュー目的のデイキャンプや
一泊キャンプがありますが、必ず食事がつきものです。

外で食べる解放感は病みつきになりますよね。
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ
ソロキャンプで使うには最強です。
ガスはどこでも売っているガスボンベ(CB缶)ですので、
なくなってもすぐ買いに行くことが可能です。
火力調整はもちろん、五徳もしっかりしているので
充分なガスバーナーです。
SOTO レギュレーターストーブ+パワーガス×3【お得な2点セット】 ST-310
ユニフレーム ツインバーナー
こちらはキャンプで最大限に発揮できるガスコンロです。
こちらもどこでも売ってるガスボンベ(CB缶)で対応できるし、
風よけもあるため調理中にガスが消える心配もなし。
コンロも2口あるため同時調理もでき、五徳の作りも丈夫。
収納するとアタッシュケースのような頑丈さもあるので
長持ちしそうです。
番外編
イワタニ カセットフー タフまる
番外での紹介になりますが、ガスコンロが一番使い勝手がいいです。
コンパクトにはならないですが、カスボンベ(CB缶)での使用可能。
アウトドアに向いている、風よけも付いており、
耐荷重20㎏なのでダッチオーブンを置くことも可能。
持ち帰って家で鍋料理や焼き肉の時のも使えるので場所を選びません。
ランタン・ライト
アシスタント
アシスタント

これで揃いましたね。

ガウテス
ガウテス

泊りとなればやっぱり明かりが必要。キャンプらしさも出るからね。

ランタン及びライトには「LED」タイプと「燃料」タイプとあります。
初心者から始める目的なので「LED」タイプを選びました。
snow peak(スノーピーク) たねほおずき
これなら小さく持ち運びには楽。
そのためソロキャンプには持って来いです。
また、夜テントの中で照らすときに
ランタンのようなゴツゴツ感はなく、
女子受けしそうな形状ですので、
おしゃれな空間を作ることができます。
単4電池3本で60~100時間連続点灯が可能なので、
経済的でもあります。
GENTOS(ジェントス) USB充電式 パワーバンク ランタン
ランタンはいろいろ大きさもあり値段もデザインも
好みになってきますが、ランタンといえばGentos(ジェントス)
このランタンはUSBで充電するタイプになっており
また夜スマホなどの給電ができるので
ランタン以外の使用用途もできるこのランタンを選びました。
防水機能もあり、1000ルーメンという明るさで
夜の外を照らすには申し分のない明るさですが
調節もできるのでお勧めのランタンです。
最後に
今回は超初心者が入りやすいキャンプギアを紹介しましたが、
慣れてきたらもっと凝ったギアが欲しくなってきます。
自然といういつもとは違った空間で、
不自由さを楽しむキャンプを体験してみませんか。
ソロや友人や家族と楽しいキャンプライフをスタートさせましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました