【夏越の大祓】毎年6月は半年間の厄を落としましょう

スポンサーリンク
神社
スポンサーリンク

皆さん、今日も笑顔ですか? ガウテスBlogです。

ガウテス
ガウテス

夏越の大祓って知ってますか?

毎年6月末ごろに神社に行くことありますか?

行った事ある人は知っていると思いますが、

このような大きな輪っかが置かれています。

夏越の大祓(なつこしのおおはらえ)

の神事としておかれているものです。

「夏越の大祓」とは何かまとめました。

スポンサーリンク

夏越の大祓とは

「大祓」という神事が神社で年に二度おこなわれます。
時期は6月と12月です。
6月は「夏越の大祓」、12月は「年越しの大祓」
と言います。

1~6月の半年間に知らず知らずのうちに
身についた厄を祓い清め
残りの半年を清らかに過ごすための神事です。

祓う穢れとは、

  • 厄難消除
  • 無病息災
  • 交通安全(車の大祓など)

といったご利益があると考えます。

大祓の始まり

古事記や日本書紀ににも出てくる神話に
伊弉諾尊(イザナギノミコト)が、伊弉冉尊(イザナミノミコト)を
黄泉の国まで追いかけて行ったが、
逃げ帰ってきたときに、黄泉の国で受けた
穢れを祓うため、水で禊祓(みそぎはらい)をした
事が起源とされており、
古くから大祓がおこなわれてきました。

古代・中世以降、各神社で慣例行事の一つとして
多くの神社で行われています。

神事の内容

茅の輪くぐり

多くの神社で「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が行われます。
参道に茅(チガヤ)で編んだ直径数 m ほどの輪を建て、
8の字を描くように3回くぐります。

  1. 輪の正面に立ち、一礼する。
  2. 輪をくぐり、抜けたら左に回る。
  3. 正面に戻り、一礼する。
  4. 輪をくぐり、抜けたら右に回る。
  5. 正面に戻り、一礼する。
  6. 輪をくぐり、抜けたら左に回る。
  7. 正面に戻る。
  8. 輪をくぐり、通り抜ける。
  9. そのまま神前に行き参拝する。

茅の輪くぐりの時に歌を唱えるという方法もあり
「水無月(みなづき)の夏越(なごし)の祓(はらえ)する人は千歳(ちとせ)の命のぶというなり」
「祓(はら)えたまへ、清めたまへ、守りためへ、幸(さきわ)へたまえ」
を唱えながら8の字に3回くぐる作法もあります。
ただし神社や地域によって作法が異なることもあるそうです。
案内があるのでそれに従ってやってください。

人形代

神社から配られた人の形に切った白紙(人形代)に
自分の名前と年齢を記入し
罪汚れを祓うために
体の調子の悪いところを撫でて
最後に息を吹き神社に納めます。

人だけでなく車も同じようにできるところもあります。

遠方の神社に案内状を送っていると、
人形代を送付してくれる神社もあります。

初穂料も忘れずにお納めしましょう。

最後に

みなさんは年始の元日に初詣をし
一年の祈願をしてから
年末大晦日まで一生懸命目標に向かって
頑張れていると思います。

一年間頑張っている途中でいったん穢れを祓い
リセットする神事があることは
とても心強いですね。

年末の大掃除で一気にやるより
こまめに掃除することが掃除の基本ですが
身体の汚れ(穢れ)もこまめに落とすことが、
身体にも良いように思います。

時間の余裕があれば、
6月30日までに神社に行き
穢れを祓ってみてはいかがでしょうか。

今年後半も皆さん頑張りましょう。

 

神社
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガウテスをフォローする
毎日笑顔のサラリーマン ガウテスBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました