【初心者】バイクのススメ バイクメーカーいろいろ

スポンサーリンク
バイク
スポンサーリンク

皆さん、今日も笑顔ですか? ガウテスBlogです。

ガウテス
ガウテス

バイク好きですか?

私はバイクが好きでよくツーリング行きます。

1人でいくソロツーリング
仲間とグルーブでいくマスツーリング

どちらも楽しいです。

ソロツーは自分の好きなところや
時間配分など自分のペースで
プチ旅行できるし
仲間と行くマスツーでは
グループでワイワイ話しながら
目的地でも楽しさを共有しながら
思い出作りが強烈にできます。

これからバイクを乗りたい!
今乗っているバイクから乗り換えたい!
そんな方へ情報をまとめました。

スポンサーリンク

バイクメーカー

バイクメーカーは数多くあります。

日本のバイクメーカーもありますが、
もちろん外国にも多くあります。

日本のバイクメーカー

日本のバイクメーカーは世界最高峰です。
有名な2大バイクレースでは、
常勝メーカーは日本のバイクメーカーです。

そんな優秀なバイクメーカーが
日本にあることがうらやましいと
世界のバイクファンは声をそろえて言います。

まずは世界で有名な4大日本のバイクメーカーを
紹介します。

ホンダ(HONDA)

ホンダHP:https://www.honda.co.jp/motor/

「優等生のホンダ(HONDA)」と言われています。
万人に受けるバイクを作っているのももちろんですが、
エンジンはもとより、壊れにくいという
安心感がそう呼ばれているようです。

国内のバイクメーカーの中でもラインナップが多く、
ホンダだけでも選ぶのに迷います。

ホンダの一番の特徴は教習車に採用されるほど、
万人に乗れるようしっかりと計算された設計が、
安定したライディングを現実にしてくれています。

代表車種
人それぞれあると思いますが、
私が思う代表車種です。
CBR1000RR(1000㏄)

言わずと知れたホンダのモンスターマシン。
レーサーのように前傾で乗るバイクです。
実際のレースでのノウハウを詰め込んだ
ホンダ究極のバイクです。

CB400SF/SB(400㏄)

教習車のベースバイクとしても有名で
絶対にお世話になるバイクです。
17年連続の販売台数トップを誇る
人気車種です。
400㏄でV-Tec機構がついているのも魅力です。

PCX(125㏄、150㏄)

原付二種のスクーターとして
燃費もよくデザインも人気が高く、
多く販売されています。

スーパーカブ(50㏄~125㏄)

言わずと知れた日本のバイクの代表格。
世界累計1億台を販売した世界一売れているバイク。
新聞配達などでよく見ると思いますが、
乗りやすさやカスタムなどで
女性にも人気出てきたバイクです。

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハHP:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

「デザインのヤマハ(YAMAHA)」と言われており、
スタイリッシュなそして曲線美の美しいバイクが
多いのが特徴です。
ヤマハ楽器の技術がここにも使われているのでしょうか。
おしゃれなバイクに乗りたいと乗っている女性も多いですね。

代表車種
人それぞれあると思いますが、
私が思う代表車種です。
YZF-R1/R1M(1000㏄)

ヤマハの最高峰モンスターバイクです。
世界最高峰レースMotoGPのファクトリーマシンを
ベースに開発されたマシンです。

SR400(400㏄)

オールドルックの昔ながらのフォルムのバイクですが、
女性人気が高く、一番女性に乗られている
バイクではと思うほどよく見ます。
インスタ映えするのでしょうね。

トリシティ(125㏄、155㏄)

ヤマハでしか見ない特徴的なバイク。
2つの前輪を持つ3輪バイク。

カーブの安定感が高く、
このクラスのスピードもトップの
実は高い技術が詰まったバイクです。

スズキ(SUZUKI)

スズキHP:https://www1.suzuki.co.jp/motor/?_ga=2.183206885.256399529.1592104300-564973642.1592104300

「個性のスズキ」と言われ、
独特のバイクが多いのが特徴です。
唯一無二のデザインもあり、人気が高く
「スズキ一筋」、「スズキマニア」の人たちを
「鈴菌」にかかったといわれるほど
コアな人たちもいます。

代表車種
人それぞれあると思いますが、
私が思う代表車種です。
GSX-R1000R(1000㏄)

スズキのモンスターバイク。
大きなマフラーも特徴的で
バイク側面には「SUZUKI」とカラーリングされた
グラフィックの格好良いバイクです。

KATANA(1000㏄)

1980年ケルンでのモーターショーで
「刀」をイメージしたバイクを発表してから
世界中に爆発的ヒットとなり、
その後2000年に終了となった
スズキの代表的なバイクの復刻版。
当時あこがれのバイクで乗れなかった
ライダーたちの待望が現実となり
新デザインで復活したバイク。
ニュースにもなるほどの人気で
リターンライダーもこのバイクの復活で
増えたようです。

カワサキ(KAWASAKI)

カワサキHP:https://www.kawasaki-motors.com/

言わずと知れた「漢(オトコ)カワサキ」
無骨なイメージがあり、
昔は大型バイクのみの生産しかしておらず
硬派なバイク乗りが乗るイメージだったのが
250㏄や400㏄の販売もはじめ
また多くの女性目線でのデザインなどで
一気にマーケットを広げたメーカーです。

操るといった操作感を感じれる
バイクらしいバイクメーカーです。

代表車種
人それぞれあると思いますが、
私が思う代表車種です。
NINJA ZX-10R(1000㏄)

カワサキのモンスターマシン。
2大バイクレースの一つ
ワールドスーパーバイク(WSB)での
常勝マシンです。

このレースは市販車をベースに改造したマシンを
レースに使用するため、スピード、安定性は
抜群だと思います。

Z900RS(900㏄)

こちらはバイク乗りとしては知っておきたい
Zシリーズの系譜のバイク。
ネイキッドと呼ばれるシンプルな造りで
オーソドックスな形状ながら古さを感じさせない
人気のバイクです。
「バイクといえばカワサキ」という人は
これに乗っているイメージです。
こちらもリターンライダーの増えた理由の
一つとなる有名なバイクです。
女性も多いです。

NINJA250(250㏄)

カワサキのバイク人口を間違いなく増やした
有名なバイク。
バイクの操作感を味わいたい。
バイクを男勝りに乗りこなしたい。
そんな活発な女性が実は多いことを
このバイクはかなえてくれたことで
一気に女性ライダーが増えた人気車種。

海外のバイクメーカー

ハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)

ハーレーダビッドソンHP:https://www.harley-davidson.com/jp/ja/index.html

アメリカのバイクメーカー

「バイク」、「アメリカン」といえば
このバイクが真っ先に出てくると思います。

バイクを知らない人でも
この名前は知っているくらい有名です。

インディアン

インディアンHP:https://www.indianmotorcycle.co.jp/

アメリカのバイクメーカー

ハーレーと同様にアメリカンのスタイルですが、
実はハーレーより歴史の古いバイクメーカーです。
ハーレーより高級志向のバイクです。

ドゥカティ

ドゥカティHP:https://www.ducati.com/jp/ja/home

イタリアのバイクメーカー

こちらも世界中で有名でバイクレースでも
有名なバイク。
憧れのバイクとして人気も高いメーカーです。

アプリリア

アプリリアHP:https://aprilia-japan.com/

イタリアのバイクメーカー

こちらもバイクレースでは有名なメーカーで
デザインの個性はドゥカティほど派手ではないが
個性的なデザインで有名です。
人とは違ったバイクに乗りたい人は
これを選ぶ人が多いかも。
車種も幅広くそろえているのも特徴です。

トライアンフ

トライアンフHP:https://www.triumphmotorcycles.jp/

イギリスのバイクメーカー

イギリスのバイクといえばこのバイクメーカー。
「RocketⅢ」というバイクは
量産型バイクでは世界最大排気量を販売している。

カフェレーサータイプというおしゃれな形状を
世に広めた元となるバイクのメーカーです。

BMW

BMW HP:https://www.bmw-motorrad.jp/ja/home.html#/filter-all

ドイツのバイクメーカー

車でも有名なBMW。
バイクも製造販売しています。

ロングツーリング仕様にも見える
バイクが多いイメージもありますが
レーサータイプのバイクも有名です。
ボクサーエンジンと言われる水平エンジンが
有名なバイクです。

KTM

KTM HP:https://www.ktm.com/jp/

オーストリアのバイクメーカー

オーストリアのバイクってイメージしにくいと思いますが、
実はバイクレースでも有名なメーカーです。
オフロードバイクで有名なメーカーで
「DUKE」という車種は大きさ的にも
重さ的にも扱いやすい女性好みのバイクです。

最後に

海外にも有名メーカーが多数存在しています。

まだ紹介しきれていないくらい多いのですが、
初心者の方には、販売店の多さや
修理やメンテナンス店の多さがないと
安心して乗れないと思うので
有名なメーカーのみの紹介になってしまいました。

慣れてきたら、
マニアックなバイクメーカーに乗るのも良いですし、
紹介したメーカーであればカスタムパーツが
揃っていますので、自分好みの
唯一無二のバイクを作り上げることもできますので
まずは、ネットで各メーカーの
製品を探してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました